1/72 VF-25S メサイア オズマ機 作成レポート その7

2008.11.23 | author: | 開発計画 | MACROSS
今回は異例の作成レポの最終回+本レビューUPです。先ずは、「VF-25S メサイア オズマ機 レビュー」のUPを完了しました。前回同様、3形態の3編構成です。ただし、可変機構については、VF-25Fと重複しますので、割愛しています。またまた長編レビューとなってしまってますが、よければご覧ください〜。
そして「1/72 VF-25S メサイア オズマ機 作成レポート その7」です。最終回ですよ〜ってことで残ったガンポッド、ランディングギア、手の作成です。

1/72 VF-25S メサイア オズマ機

ガンポッドは、バレルをきちんと分割成型しているので、ちょっとパーツ数大目になっています。加えて、発射形態への変形もあるので、その分もあるかな。

1/72 VF-25S メサイア オズマ機 1/72 VF-25S メサイア オズマ機

組み上げた状態です。何度目かの紹介ですが、発射形態への変形は、伸縮、銃身下部の展開の2段変形です。尚、グリップ部は直接可変には影響しないのですが、可動するようになっています。これは、実際に握らせた時の腕への固定の補助になります。

1/72 VF-25S メサイア オズマ機

握り手、平手、ランディングギアのパーツです。手に関しては普通のパーツ分割で、着陸脚は前輪のみ別パーツになっています。後輪は一体成型です。ただ、前輪もしっかりと固定する溝があるので回転はしませんよ。

1/72 VF-25S メサイア オズマ機

ランディングギアは、脚部をVF-25F同様シルバーに、タイヤ部は黒で部分塗装しています。これ……VF-25Fではタイヤの接地面が凹んでる成型だったのですが、今回はちゃんと円になってる??

1/72 VF-25S メサイア オズマ機

最後は、ジョイントパーツ郡です。ファイター時の補助パーツ(左)、ガウォーク、バトロイド時のシールドマウント(左下)、ガウォーク時のスタンドマウント補助パーツ(シールドマウントの右上)、ファイター、腕無ガウォーク時のガンポッド固定具兼スタンドマウント(中央上)、ファイター、腕無ガウォーク時のガンポッド固定具(右下)、バトロイド時のスタンドマウント(右)ってな感じです。

前回と同じ計5回を予定していた作成レポですが、なんと7回(ランナー紹介を入れると8回!)になってしまいましたorz ここまでお付き合いいただいた皆様ありがとうございました_(._.)_ また、これからご覧になる方々は大変でしょうけどがんばって見てください;;
さて、次はダブルオーが有力ですが、アヴァランチとちょっと悩んでいます。どうしようかなぁ……。では、次回をお楽しみに〜。
    

            

開発計画 | 備考 2008年 | MACROSS | HOME |