MG 1/100 RGM-79 ジム Ver.2.0 作成レポート その2

2009.03.22 | author: | 開発計画 | MASTER GRADE
今日は掃除でバタバタしてしまって作成はあまり進んでなかったりorz 「MG 1/100 ジムVer.2.0 作成レポート その2」です。予定ではコックピットブロックと腰下くらいまでは作りたかったんですが、腕のみで終わってしまいました;; 腕は、ガンダムVer.2.0と色が違うのみでまったく同じ仕様です。まぁ、パーツ単位での紹介は前回の頃はまだしてなかったので、そういう意味では初公開…になるかな。

MG 1/100 RGM-79 ジム Ver.2.0 MG 1/100 RGM-79 ジム Ver.2.0

腕のパーツ郡です。さすがはMG、非常にパーツ数が多いです。ただ、そのうちの結構な割合を占めるのが掌(右写真)です。最近のMGとしては定番になっている切り離し可能タイプで、元から親指を除く第2関節も可動する仕様なので中指〜小指を切り離してやることで、表情豊かな5指可動を実現できます。

MG 1/100 RGM-79 ジム Ver.2.0 MG 1/100 RGM-79 ジム Ver.2.0

腕の内部フレームのみを組み立てた状態。細部に至るまで精密に作られています。肩アーマーのモノコック構造までも再現されてるのは凄いですね。ガンダムVer.2.0を組んだことがある人にはお馴染みの光景ですが、ジムが初だと結構ビックリされるんじゃないかな? それでいて、可動範囲も良好。肘には腕と二の腕にそれぞれ連動するシリンダーのようなギミックも詰め込まれています。

MG 1/100 RGM-79 ジム Ver.2.0 MG 1/100 RGM-79 ジム Ver.2.0

その腕に装甲をつけます。アレだけ密度の高い内部フレームを再現しつつも、外装をつけてこの細さは凄いですよ。しかも、装甲が腕の動きを邪魔することもまったくありません。

MG 1/100 RGM-79 ジム Ver.2.0

もう一本作って胴体とあわせれば、上半身の完成です。肩アーマーってジム赤いんですね。1stジムをまじまじと見るのもかなり久しぶりなので…。

って、ここに書いてあった文章を切り取った際に漏れてなくなっちゃってましたorz とりあえず、次回はコックピットブロックと腰下の作成をしますよ。ということで、次回をお楽しみに〜〜。
    

            

開発計画 | 備考 2009年03月 | MASTER GRADE | HOME |